ふるさと青汁はニキビにも効果ある?

ふるさと青汁はできてしまったニキビにも効果があります。その秘密を紹介します。

 

欠かせないのは食物繊維

 

ふるさと青汁,ニキビ

 

もともとニキビができやすい体質の人もいます。そんな体質の人でも皮膚がオイリーなだけで、ニキビはできません。ニキビの主な原因は毛穴に余分な汚れが溜まり続けることで炎症してしまうことです。ストレスや食生活の偏りからニキビができる場合もあります。

 

ニキビができてしまったら、まずは腸内をキレイにすることが不可欠です。便秘の状態が長く続くと大腸の中で毒素が発生します。体内にたまった老廃物が肌にも大きな影響を与えます。

 

ふるさと青汁には食物繊維が42.48g(90g中)も含まれています。腸内をきれいにするには食物繊維が欠かせません。食物繊維が大腸の動きを活発にして、溜まり続けた毒素を排出します。

 

腸内がきれいになれば、免疫力の上がったキレイな血液が体を巡り肌にも流れ込みます。ふるさと青汁を毎日飲み続けることで、ニキビの改善と予防をすることができます。

 

 

ニキビ改善にはビタミンの力も必要

 

ふるさと青汁,ニキビ

 

ふるさと青汁にはいくつものビタミンが豊富に入っています。ニキビの改善に有効なのは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCです。

 

ビタミンAは肌に溜まったままのメラニンの排出を促す効果があります。ビタミンBは肌に潤いを与えながら、余分な油分を抑制します。ビタミンCはコラーゲンの生成に効果があり、ターンオーバーを理想的な周期に整えます。

 

またビタミンEは新陳代謝を高め血行をよくする働きがあります。目の下のくまや肌のくすみの解消にはビタミンKが必要です。ビタミンCには免疫力をUPする効果もあります。ストレスが原因の大人ニキビにもビタミンCは有効です。

 

ふるさと青汁にはオリゴ糖も入っています。オリゴ糖の甘みがふるさと青汁を飲みやすくするだけではなく、腸内に住んでいる善玉菌のエサになります。善玉菌が活発になれば腸内環境もグンと快適になります。

 

ふるさと青汁には、食物繊維だけではなく美肌作りに欠かせないビタミンがバランスよく配合されています。食物繊維で腸内の老廃物を排出して、ビタミンで素肌力を高めましょう。